2019年05月26日

釈迦ヶ岳・大峰 十津川の。

釈迦ヶ岳に、ここも超久しぶりで最後になるだろうな。
5月の26日(日)に十津川の釈迦ヶ岳に行ってきました。
お天気は良かったですが(暑いぐらい)展望は遠くは靄でした。残念!!

20190526tizu.jpg


峠の登山口のの駐車場は満杯、道路まで溢れていた。

DSC02375.JPG

仕方なく道路脇に駐車。
登山口には山頂の釈迦立像の補修材料の砂袋が。
家内と二人で3袋だがザックに詰めて上がった。

DSC02376.JPG

これがその袋。

DSC02378.JPG

懐かしい〜〜道。

DSC02379.JPG

前半の登りは大石があったり木の根っこが剥き出てたりするが
行者還林道のトンネル西口からの道よりはるかにいい。
あそこより急登では無いのがいい。
こんな道を造ってくださった新宮山彦グループさんに感謝!

DSC02380.JPG

登りがあったりフラットな個所があったり
歩きやすい道ですね。
徐々に尾根を上がっていく。

DSC02382.JPG

赤井谷に降りるポイントをすぎてもうすぐ見晴らしが
よくなる尾根道に。
お天気がいいので楽しみ〜〜

DSC02383.JPG

あまり好きくないバイケイソウが広がる。
笹が追いやられてる。
なんだかな〜〜

DSC02384.JPG

旧登山道とのジョイント箇所に到達。
今現在荒れていて通行止めになっていた。

DSC02385.JPG

さらに進むと笹原に変わってくるが
最近のお天気と乾燥?状態なのか
やけに埃っぽい、と感じる。

DSC02386.JPG

たまにはこんな小さいピーク?越しながらを
少し風を受けながら気持ちいい汗を流しながら釈迦を目指す。

DSC02387.JPG

両脇の展望が素晴らしいが見ることができた筈の地元の山々は
今日は靄ってしまって残念。
今日行ってみたい大日岳が見える。

DSC02388.JPG

正面には今から目指す釈迦ヶ岳が。

DSC02389.JPG

古田の森に、なぜ?小ピークの上に標識。

DSC02390.JPG

家内は余裕か知らないのか上に行く!?

DSC02391.JPG

この辺りか2本ほど鹿の角を拾ったことがあったな〜

DSC02393.JPG

この先下りだがここでお父さんや子供たちのグループと
すれ違う。「朝日を拝んできました」と
仰ってました。元気だな〜。

DSC02394.JPG

千丈平らに。1660Mか、

DSC02395.JPG

釈迦が近づいてきた。

DSC02396.JPG

テン場では鹿が、何かをあさっていた。

DSC02397.JPG

空になったペットボトルに水場で水を補給して
奥駈道のジョイントへの急坂を上る。

DSC02401.JPG


最後の急坂を汗しながら登ると

DSC02402.JPG

すぐにお釈迦様が見えてくる。

DSC02403.JPG

ようやく山頂に!
七面山や大日の方の眺めも良かったな〜〜
遠くにアケボノ平が見えてあそこにももう一度行ってみたい(-_-;)
奥駈道の孔雀や仏生なども
もうあの辺りは行けないだろうが
歩けなくなるまでもう一度行ってみたい所だが
あちこち多すぎてあせあせ(飛び散る汗)
お釈迦様の前で記念撮影。

DSC02404.JPG

砂袋をここに下ろして、こんなに皆さんが運んでくださってるのか。
三角点が新しくなってる??
ここには今日が最後でしょう、感無量!!

DSC02408.JPG

深仙の宿に行くべく奥駈道を下る。

DSC02411.JPG

深仙の宿に、ここで大日に登るのを中止に(´;ω;`)ウッ…

DSC02413.JPG

仕方なくほんみち道でテン場に向かう。
途中何でもないところでアルバイト。

DSC02414.JPG

橋を超してテン場に到着。
少し下り水場に鹿の親子が。

DSC02415.JPG

時間も早いのでのんびり周りを楽しみながら歩く。

DSC02418.JPG

その間何人に抜かれただろうか!!
先々抜いて行かれる方の背中を見ながら
時には励まされながら歩く私達。

DSC02419.JPG

ようやく登山口に着いた。
娘たちに下山報告しようとするが電波が通じない。
下まで降りて報告をすませた。


続きを読む
posted by 奈良の爺々 at 22:51| 日記