2018年09月25日

大和葛城山の通行禁止ルート!?


大和葛城山も荒れてました。
北尾根ルートも荒れてました。
櫛羅のルートは通行禁止になってましたが・・・・・
一人下ってみました。

2018-09-23 葛城山北尾根と櫛羅の滝R(立入禁止区域).jpg
まりの山歩きが最後になった葛城山の北尾根を歩いてきた。
家から久しぶりに電車で御所駅に、
バスの出発時間がまだまだ先なので奮発してタクシーに
乗ってロープウエイ登山口まで。

DSC00954.JPG

登山口にはこんなゲートが出来ていた。

DSC00956.JPG

右に急坂を上る、尾根に入り懐かしい道が。

DSC00958.JPG

先に進むとできた当時に比べると相当荒れていた。
ここは以前、昔の台風で櫛羅の滝ルートが壊滅状態に
なったときここが整備され「新登山道」と呼ばれていた。
不動寺の下から寺の裏側を通り今の道にジョイントしていた。
櫛羅の滝ルートが復興されていつしかここが通行止めに
なっていた。
今度はまた10年位?だったか櫛羅の滝ルートが
傷んだときここが復活した。それで今の登山口ができた。
それまでは荒れてなく薮ってはいたがいいルートだった。

DSC00963.JPG

結構な登山者が登っておられた。櫛羅の滝ルートが通行止め
だから、ここに集中しているらしい。

DSC00964.JPG

かわいいワンちゃんも登っていた。
聞いたらワンちゃんは6歳だとか。
まりもこれ位のときは元気良すぎた!!

山頂について白樺食堂でかもうどん、婆〜はかもそばで
昼食とした。
山頂で記念撮影、下山にかかるが櫛羅の滝ルートが
気になって取りあえず天神社の横、30丁石まで来て
私一人でルートを確かめたく探索に降りることにし
婆〜はロープウエイで下山していただくことにした。

DSC00966.JPG

DSC00967.JPG

その下山口と30丁石。

DSC00969.JPG

すぐ下の水源の水槽?辺りはそんなに荒れてなかったが
すぐ下の29丁石の近辺は水路が少し荒れていた。

DSC00971.JPG

そのすぐ下で登ってこられた私ぐらいのお歳のお方?
から、「今のうちに引きかえされた方がいいですよ、
相当荒れていて危ないですよ。後悔される前に
引き返されたらどうですか」的なことを
おっしゃった。
私は「ありがとうございます、一度確かめに下ってみます」
と、言っておりました。
その人のお言葉でワクワクしながら下山した。

DSC00973.JPG

荒れてはいるがそんな個所が出てこない。
そんな荒れてる個所を画像でどうぞ。

DSC00982.JPG

DSC00988.JPG

DSC00995.JPG


DSC00990.JPG

明確に迂回案内等が蛍光テープなどを使って処理されているし
迷うようなことはないと思う。

DSC01000.JPG

DSC01001.JPG

とうとう登山口駅から2〜3か所上の堰堤に降り立った。
土が沢山流されたのか、堰堤は綺麗な砂状態で埋まっていた。

DSC01002.JPG

堰堤の先に進み、本来のルートは右岸にある筈なので

DSC01004.JPG

先を探すと堰堤の横のフェンスが見えてその手前に
登れそうな個所を見つけルートに戻った。

DSC01006.JPG

あとはルートを下っていくだけ。

DSC01007.JPG

水槽?のある下のルートの倒木等は片づけられていた。

DSC01013.JPG

朝の通ったゲートに到着。駅で待ってる婆〜と合流。
またまた、バスの時間に合わず歩いて御所まで。

DSC01015.JPG

村中にこんな石標があるのをご存知ですか?
新・旧見比べて下さい。

DSC01016.JPG

旧石柱・左葛城山道の旧ルートは薮っていて歩行困難?
今の櫛羅ルートにジョイントして天神社に通じる。

DSC01017.JPG

新石柱は今の登山口を示す。右葛城山道

DSC01018.JPG

村中を歩き、

DSC01022.JPG

DSC01023.JPG

六地蔵や鴨山口神社を見ながら
御所駅に着いた。
櫛羅の滝ルートはそんなに荒れてなかった?
と思うが・・・・・
近々御所市が復活してくださるでしょう。









posted by 奈良の爺々 at 08:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: