2018年10月15日

川上村・瀬戸の集落から地蔵越ルートで木ノ実矢塚ピストン。


川上村・瀬戸の集落から地蔵越ルートで木ノ実矢塚ピストンしてきました。
と言ううより私達70歳コンビでは木ノ実矢塚ピストンでツツいっぱいでした。

2018-10-14 tizu-1.jpg
2018年10月14日の日曜日、9月に歩いた川上村・瀬戸の村から
瀬戸地蔵を中心に山の向こうの麦谷の村に通じる地蔵越ルートを
今日も歩きました、今回は家内同伴で二階岳〜木ノ実矢塚を
ピストンしてきました。
と言うより薊岳まで歩きたかったのですが木ノ実矢塚で時間切れ!
勇気ある((´∀`*))ヶラヶラ 撤退で下山に取り掛かりました。
朝、以前に林業関係のお方から教えていただいた登山口
(この先は崩落していて車も人も通れないそうだ)
その登山口に駐車させてもらい、
(前回の写真使用)

DSC00873.JPG

登り始める。

DSC01028.JPG

黒いパイプが目印にして、そこを少し上がると

DSC01032.JPG


最近、測量しているらしき跡が見受けられた。
そのテープ。これで地理院の墨破線ルートかな?

DSC01088.JPG

このまま朱色のテープを頼りに上がっていく。
すぐに上の林道(通行不可)のコンクリート擁壁が見える。

DSC01036.JPG

その擁壁までドン突き当り、右にその足元を進むと

DSC01037.JPG

鉄製の階段を上がると林道にでる。

DSC01039.JPG

林道に上がりやや下に下ると今度は左に上がる鉄製の梯子がある。
これが地蔵越ルートの最初。

DSC01040.JPG

梯子を上がり、今でも作業道などに使われてるのか、
木の階段などが残ってる道を上がっていく。
よく手入れされてる山林だが生憎のお天気でまだ暗い。

DSC01041.JPG

それなりに判りやすい道でところどころ木の階段が
朽ちてはいるが目に入る。徐々に高度を上げていくと
谷の水の音が右側に聞こえ小さな滝が目に入る。
道なりにつずら折れを上がっていく。

DSC01044.JPG

やがて谷の音も聞けなくなり歩きやすくなる。

DSC01045.JPG

源頭部の足場の悪いところを過ごすと、瀬戸地蔵様が近づく。
道もフラットになりやや右の先に杉で囲まれた地蔵様が見える。


DSC01047.JPG

ここまで登れた感謝とこれからのハイキングの無事を地蔵様に
お願いして林道に降り、薊岳に向かう尾根道の登山口に向かう。

DSC01048.JPG

一路林道を歩く。林道は今は通行止めなので
木の葉で埋まってる。

DSC01049.JPG

やがて登山口に到着。ここから尾根道を一路薊岳方面に向かう。

DSC01051.JPG

林道とお別れして尾根道は獣道が案内してくれる。
ゆっくり上がっていく。

DSC01055.JPG

1242Mの二階岳に到着。きれいな越後屋さんの山名版が
迎えてくれた。

DSC01056.JPG

木ノ実矢塚に向かって尾根道を下る。
大きな蒐場の横を通り

DSC01058.JPG

あまりUPDNのない尾根を少し歩き、

DSC01059.JPG

2度の急坂ともう一度蒐場を通り過ぎると
木ノ実矢塚(1373.8M)に上り詰める

DSC01060.JPG

木々が色着き始めてるが生憎の天候で視界が悪い!

DSC01065.JPG

山頂の三角点、山名版がなかったが落ちてる山名版を
三角点の横に置く。

DSC01067.JPG


DSC01069.JPG

ここで12時30分になってしまった。
私達70歳コンビにはこれが限界!(´;ω;`)ウッ…
先に見えるはずの薊岳も靄って見えない。
下山にかかる。電波の届くところで娘や孫たちに
下山してますとラインを入れる。

DSC01068.JPG

一路来た道を引き返し瀬戸地蔵様にもお礼を申し上げ
駐車地に降り立った。
明るいうちに降りてこられて良かった!
まま、満足の一日だった。

DSC01091.JPG







posted by 奈良の爺々 at 21:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: