2018年11月18日

2週続けて高安山・信貴山、大阪側から登りました。

近鉄信貴山口駅から信貴山道と岩戸神社の道を11日と18日に登ってみました。
1週目は近鉄信貴山口から信貴山道から高安山、信貴山、柏原市の高尾山
から近鉄堅下駅まで。
2週目は近鉄信貴山駅から岩戸神社から先週の合流地点からのどか村まで、
帰りはのどか村から恩智越え、恩智総池に下る道を歩き近鉄恩智駅まで。

地図.jpg
信貴山口駅から西に少し進み左折れの車道を恩智方面に歩くと
黒谷の集落の上にある信貴山道の石標。

DSC01229.JPG
DSC01231.JPG

入り口はこんな感じだが、この先の市民の森公園からも上がれる。

DSC01230.JPG

すぐに公園にでるそこには市の設置した標識がある。

DSC01235.JPG

標識に沿って上を目指すと太い道にでてそれを右に上がっていく。
太い道を上がっていくと正面に登山道入り口。

DSC01241.JPG

少し藪ってる雰囲気の道だが足元はしっかりしてる。
明確な足跡の登山道だと思います。
それに標識が頻繁に設置されていて迷うことは無い。
只、私が期待していた町石(丁石)類が数少なかったのが残念だった。
現存してないのであろうか?
このような3基が目に留まった。

DSC01244.JPG

DSC01265.JPG

DSC01270.JPG

石塔は倒れていたが、丁石と、岩戸神社を示す石柱は健在だった。
この信貴山道を登り詰めると公園墓地に突き当たり
左に折れると信貴山口からのケーブルの山頂高安山駅に突き当たる。
その手前の展望台は見晴らしがいい。

DSC01280.JPG

DSC01281.JPG

展望台を降りると高安山駅。

DSC01282.JPG

この先を生駒方面に進むと以前使われていた近畿管区気象台のレーダーが

DSC01288.JPG

あとは南に進む。
先の三叉路を右折れ、スカイラインを横切って道なりに下っていく。
ここも標識があちこちに設置されていてわかりやすい。
途中左側に高安山城倉庫跡がある。
そこからは奈良方面の見晴らしがいいが今日はパス。
信貴山方面への標識通り行くと初めての植林の中を歩く。
コンクリートの道にでて右に上がると信貴山城跡に

DSC01298.JPG

DSC01309.JPG

上記の案内のように空鉢護法から千手院に降り大虎まで下る。

DSC01307.JPG

赤い橋を渡り、下の徳利池の吊り橋を渡り

DSC01313.JPG

のどか村への車道を
跨ぎ、その横の関電道?を

DSC01324.JPG

のどか村のバーベキュー広場の横にでて

DSC01333.JPG

この日はお天気よくて、園内はお子さんたちで賑わっていた。

DSC01330.JPG

この後は柏原市の高尾山に下りたが、変電所の南側の道は大荒れ!
高尾山に下る尾根道も倒木だらけで大荒れ!
ようやく高尾山の三角点まで降りてきたが散々な状態だった。

DSC01372.JPG

DSC01373.JPG

DSC01374.JPG

この山頂から車道と交わってる個所まで降りて、あとは暗くなってきたので
車道を歩き近鉄の堅下駅まで歩いた。
その時の夜景。

DSC01375.JPG

おしまい、
教訓、”いつまでもあると思うな山の道”
 JJ

























posted by 奈良の爺々 at 21:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: