2019年04月23日

イワゴノ谷を歩いて(超久しぶり)

思い切って行ってきました。
イワゴノ谷!
先日百々川を歩いてきてあちこちの情報(家内から)
私は会を辞めてから極力他の方々や元居た会の情報を知ろうとしないのだが
雑音が家内から入ってきて、イワゴノ谷は金剛山では
最悪の谷だとか?そんなに悪くなってるのかと思い確かめの為にも
歩いてみたくなった。で、今回は単独だった。

2017-04-21GPS写し.png

人生最後になるであろうイワゴノ谷遡行を老体に鞭打って単独で歩いてきました。
4月の21日(日)晴天の日に高天彦神社のPからスタート。
森本邸の前から南太田川を渡るべく尾根道を下る。

DSC02164.JPG

川を渡り対岸の道に出て伏見菩提寺に向かう。

DSC02174.JPG

そこで菩提寺を管理されてる前川邸にお伺いし少しお話をさせていただき
イワゴノ谷に向かう。

DSC02179.JPG

この道を歩きかけた2000年初め横の堰堤がコンクリートの上に木が貼っていて
きれいなダムだったがすっかりそれがなくなっていた。
やがて突き当りの堰堤に。
ここは今まで通り左岸から入れた。

DSC02182.JPG

上に上がり広くなってる谷幅を歩く。懐かしい!!
随分愛犬まりと歩いたものものだ。まりも私も若かった・・・・・
二つ目の堰堤はすっかり様相が変わっていた。右岸を巻いて上がっていたが
今日はその右岸側が流されていて跡形がない。
左岸から登った。まだまだ簡単に登れる状態だった。

DSC_0379.JPG

上に上がりカメラの調子がおかしくなってきた。
いろいろ弄ってみたが治らない。そのころ団体の沢登りの装束で
7人のグループが来られた。足元には12本アイゼン?
が装着されていた。
駐車場で見かけたが高天谷に行かれるのだろう思っていた。
最初の大滝の前で「ここは右から(上に向かって)登られます?
足元がずるずるだから気をつけてくださいね)と女性の方から
温かいお言葉をいただいた。私は先に登らせていただいた。
一旦少し高めに登り滝の落ち口まで降りたら

DSC_0383.JPG

彼らが来られた。懸垂下降で降りられてきた。
私はもうすでにここで必死のパッチで降りることになっていた。
たとえ25Mザイルを持ってきたらよかったと後悔したが後悔先にたたず!

DSC_0385.JPG

上に向かって谷を歩く、先は両岸が狭まってる箇所があり

DSC_0387.JPG

やがて二つ目の大滝に来てまた同様に上に向かって右の山腹を登る。
滝が左側に見えて

DSC_0389.JPG

上まで上がり再度谷に入る。
正面に堰堤がありここは右岸に取りつく。

DSC_0391.JPG

堰堤の上の谷も広くなりブッシュ状態だったのが
きれいに?流されていた。
さらに進むと、谷横の木々が倒れてる状態が続く。
小さな滝が現れた。ここは滝左横を登った。

DSC_0393.JPG

このように谷横の土が流されてる。
谷が幅広く深い状態だ。


DSC_0396.JPG

次に見えてきた小滝は右横からクリァ〜

DSC_0397.JPG

横から本流に流れ落ちる谷の水量も豊富だ。

DSC_0399.JPG

小滝を登るのに岩が剥がれやすいので注意が必要。
用心しながら上を目指す。

DSC_0402.JPG

先に開けた谷の先にそこそこの滝が現れる。

DSC_0403.JPG

ここは左側の滝横を登る。

DSC_0404.JPG

大雨の水の威力はすごい。
あんな大きな木や石も流してしまう。
大きな石がゴロゴロ。

DSC_0405.JPG

私が以前歩いたルートも今の状態だと谷の中を歩くことが多くなっている。
三叉路に到着。湧出岳の足元に向かうルートをとる。

DSC_0407.JPG

相変わらず倒木が・・・・・
大きな石がなくなって土砂の流されてるのが目立つ。

DSC_0410.JPG

直径7〜80Cmぐらいの大木が流され石と衝突。
ぼっきり折れていた。

DSC_0412.JPG

少し段のある谷、右に登ればイワゴノ北尾根、
ヒロセ道に行く箇所も荒れていた。

DSC_0413.JPG

その先に普段はほとんど水量のない滝、ここも左岸を巻いて上がるが
土砂がえぐれていて以前より登りにくい状態だった。

DSC_0415.JPG

大詰めに近づいてきた。前方が明るくなって元気が出てきた。

DSC_0416.JPG

いつも境界線上のテープがある箇所、石柱もあるし
常に線状は草木が刈られていて右上の尾根上に石柱があり
それから湧出岳の山頂方面に延び山頂手前でその境界石柱が
北に向かってる。その線上は常に草刈りされていて。。。。。

DSC_0417.JPG

DSC_0419.JPG

ダイトレが見えてきた。
もう少しって思って笹を掴みながら上がってると
上から「大丈夫ですか〜〜?」の声。
「はあ〜い大丈夫です」って返したら
そのお子さんが「こんにちは〜」
こちらも「こんにちは〜〜」って返す。

DSC_0420.JPG

とうとう上がってきましたダイトレに!

DSC_0422.JPG


湧出岳方面に登り途中から不動坂を下って
お不動さんに今日を感謝して、

DSC_0429.JPG

森本邸に帰ってきた。

DSC_0432.JPG

朝に気づいていたが鶯宿梅が切り取られていた?
森本さんがご健在なら嘆かれていただろう。
駐車場を提供されてることに感謝。
ところで今年天孫桜はどんな状況だっただろうか?

DSC_0433.JPG
















posted by 奈良の爺々 at 08:36| 日記