2019年10月23日

日本一の路線の乗合バスで十津川へ

10月の21〜21日に
奈良は近鉄大阪線大和八木駅から和歌山新宮まで
全長約167Km弱を走る奈良交通の乗合バスがある。
今まで何回か大峰や和歌山の山の行き帰りで168号線で出会うバス。
一度は乗ってみたくて、、、、、、
その願いが最近になってやっと実現した。近鉄八木駅で
出発前に待機するバスが目の前に。今まで走ってるバスを
見たことがあるが今、目の前に!
まるで子供みたいにうれしく感じる私。
DSC_0001.JPG
11時39分発新宮行に乗車。今日は生憎の天気だが、バス旅行なので
のんびりと車窓を楽しもう。
見慣れた奈良の町から郊外に。御所近くから金剛山辺りが。
DSC02734.JPG
早くもお天気が下り坂。
五條のバスターミナルで小休止。このバス適当な時間に
トイレタイムが設定してある。
一番目にここのバスターミナル。2番目に谷瀬の吊り橋のある
上野地、十津川温泉と休憩できるバス停がある。
観光バスと違ってトイレはないし狭い168号線を走る
運転手の休憩にも必要だろう。
ちなみに私達が乗ったバスの運転手は所々で
両サイドの風景の案内説明もしてくれてました。
五条のバスターミナルを出て山間部に入っていく。
あいにくの雨模様に変わっていった。
五新線の跡路を見ながら道は大塔に向かって高度を上げていき
大塔道の駅、星の国を過ぎて急坂を下つていく。
腹が空いたので八木の構内で買ったお寿司を。
DSC02735.JPG
車外の十津川村は雨の中でした。
DSC02741.JPG
そんな中、上野地、谷瀬の吊り橋に到着。
休憩時間は20分と長い時間だったが婆〜は吊り橋渡れず。
手前で記念撮影。
DSC_0005-1.JPG
上野地バス停、一般駐車場の少し下にあった。
DSC_0002.JPG
休憩タイムも過ぎて再度出発。
車窓からの眺めはいつもと違って雨。
DSC02755.JPG
ダム湖の水も茶色がかっていた。
所々新道から集落のある旧道に入りバス停に沿って走る。
私にも所々記憶があって懐かしく思ったりしていた。
そうこうしてると十津川の道の駅や役所前を過ぎ
十津川温泉に到着。
ここには奈良交通のバス停に足湯が設けてあった。
DSC02770.JPG
ここで最後の小休止。
あと少しで目的地のホテル昴だ。
ホテル昴はここ☟
ホテルに到着。
以前車で孫たちと二回程来たことがあるところだ。
野猿にも乗ったことがあったな〜
DSC02772.JPG
あくる朝に撮影。下指差し
DSC02778.JPG
ホテルに入り部屋に
DSC_0009.JPG
晩ご飯まで時間があったが雨のため部屋でのんびり。
時間が来たので晩御飯。
DSC_0011.JPG

折り合えずこんなのが並んでた。
好き嫌いが多い私にはこんなところでの食事は今一、、、、、
なんやかんやと後から出てくるが。。。。。
御造りと鴨鍋、栗ご飯ぐらいかな。
どうにか食事を済ませて部屋に戻り、のんびり。
お風呂に入って12時ごろから寝た。
あくる日、予想に反して青空が部屋から見えた。
DSC_0016.JPG
野猿を見に行き婆〜に孫たちと来た時の話を聞かせ
その後帰りに谷瀬の吊り橋の下でバーベキューもの話も。
DSC02774.JPG

DSC02775.JPG
朝飯を済ませ再度表に出て帰りのバスを待つ。
DSC02776.JPG
帰りのバスも昨日と同じ車両で同じ運転手さん。
又昨日八木駅から同じ車両でここまで来てまた同じ道を
帰られる私達より少し年配のご夫婦と
運転手さんと5人が同じ時間を過ごす。
帰りは車窓からの眺めはいいお天気でよかった。
DSC02785.JPG
お天気が良かったからか時間が短く感じた。
各休憩所過ぎ早くも御所まで。
ここで五條まで帰りましたと孫たちにラインを入れる。
いつも孫たちはすぐに反応してくれる。
DSC_0024.JPG
ここから馴染みの道で大和八木まで、到着は14時30分前だった。
乗ってみたかったこのバスに乗れて嬉しい二日間でした。
このバス、廃線になるかもしれないと何回も危機に面してるらしいが
いつまでも運航してもらいたいものです。
機会があれば今度は新宮まで行ってみたい
DSC02784.JPG



posted by 奈良の爺々 at 11:05| 日記